お知らせ

2017-09-21 13:18:00

NHKのニュース中にテロップが流れました。

名曲を残しただけでなく髪型や服装にも新ブームをわき起こした安室奈美恵さんは

当時の若い女性の生き方にも大変影響を与えた方です。

1977年9月20日生まれですから心相数は628

ちょうど小転換期の時です。 生き方考え方など環境が変わるとき変えたい時にぴったりはまります。

この時決断結果は4年後の将来どんな形として現れるのか?とっても楽しみです。

2017-09-10 12:27:00

国際心相科学協会設立18周年記念会に出席させていただきました。

一部は記念講演会で心相科学を学んで活用成功した社長さん方々(先生方)の体験談は

会場の都合で40席限定、二部のパーティーには80名いらっしゃるとお聞きしていました。

私は午前中のセミナーと18周年記念会の一部にだけ参加させて頂いたのですが、

数字に導かれる不思議に遭遇することができました。

今回はセミナー参加者が9名、セミナー後ふるまわれたお弁当がたまたま9個しかなかった事

を告げられさらにその後開かれる会は18周年を記念するものです。

大変恐縮ながら私は心相科学理論の創始者宮城悟先生と生年月日が同じ999です。

9ずくめの64歳の誕生日は過去にないほど特別な日となりました。

 講演会でお話しされた先生方(社長さん:成功者)の色や運気の活用法も体験談の中で

話されていて大変興味深く拝聴しました。

男性の企業経営者のチャンスを逃がさない機転とそれぞれの個性輝くお話、

とっても面白かったですし勉強になりました。

こういう方々が師と仰ぐ宮城先生の理論の素晴らしさに感嘆すると供に将来

新しい風が流れる予感がしました。先が暗いニュースばかりですが明るい未来が見えてきそう。

 

おまけに陸上界に新しい記録が誕生。桐生選手(1995年12月15日生まれ)696が

10秒を切る日本新記録を出しました。696の桐生選手は運気でみると運気の底(昨年小転換期)

が明けたところです。桐生選手の動きも見守りたいと思います。

 

 

 

2017-09-04 13:55:00

眞子様も小室様も同じ心相数268同士。

なかなか巡り合えないお相手です。お二人が意気投合するのもわかりますね。笑

プロポーズされた2013年(小転換期)、2017年今年は大転換期です。

さらに昨日は2017/09/03(134の日は268の1/2の日)、

こうなると来年2018年、もしや268の日にご結婚されるかな?と期待が膨らんできてしまいます。

お近くにどなたか心相科学でお日にちをアドバイスされていらっしゃるのかしら?

と思うほど良い流れの中ですすんでいらっしゃいます。

太陽と月を例えにされたお話からもお二人の自然を愛するお人柄が感じられます。

とても好感度の高い素敵な幸せオーラが日本国中に降り注ぎました。

どうぞお幸せに。

 

2017-09-02 16:20:00

中学生の時初めて買ったレコード≪マルタ島の砂≫

音楽からマルタ島というところは、真っ青な海に囲まれた情熱的な島?

なんて想像をしていました。

大人になったら一度行ってみたいと思ったものです。

マルタ島へ(元イギリス領だったため)英語を学びに行かれたり新婚旅行で行かれた方から

お話を聞いたりはしていましたし、最近の猫ちゃんブームではマルタ島は猫の天国みたいな

街並みや、町全体が世界遺産になっている首都ヴェレッタで、同世代のヨーロピアンと

第二外国語の英語を学びながら一緒に生活することができると伺い、

同世代がどんな考え方をするのか?なにに興味をもっているのか?

大変興味があります。統計学として数字や色も伝わるかもしれません。

午前中は英語レッスンごごはアクティビティがあるそうです。自炊なので

想像は膨らむばかりです。

たどたどしい英語だからこそ分かり合えるご縁があるような気がして、思い切って参加しようと思いました。 

2017-08-28 14:49:00

心相カラーを(活用して意識を変え行動を掻き立てる)材料にしましょう。

黒は光を吸収します。自然界には色のエネルギーがあり植物も色で個性を主張しています。

黒は喪服や礼服にもあるように、相手の気持ちを察する色です。

(悲しみも喜びも共有する分かちあう精神的な色)

黒が流行る年はあまり社会的進展は期待できません。

黒を個性にしている方もいらっしゃいますがカモフラージュで

内面が違うと思いませんか?(民族衣装で統一感を出すだけで個性ではないかな?)

ファッション感覚も無難なだけで磨かれません。

色を着こなす事でセンスは磨かれます。ただ黒っぽい色に惹かれる時はあります。

それも心情的なものが影響している時だと思います。

似合う似合わないはまた別な問題でここでは衣服で身に付けるという意味ではありません。

自分の良く持つものとか?こだわりのあるもの。

常に目につくところに自分の心相カラ―を活用することをお勧めします。

何がしたいかわからない方が多いのですが、色を活用することでちょっとした意識変化が起こります。

自分が心地よくなります。ご自身が楽しく生活していた時期を振り返ると不思議と皆さん

ご自分の心相カラーを好んでいた時が多いです。

私事ですが、中学生の頃から憧れていた地へ今年いけるチャンスが巡ってきました。

まさかまさかのサプライズで驚きですが、元気なうちに今を逃してはと思い挑戦するつもりです。

 

 

1 2 3 4 5 6